A05研究項目

A05-1 脳卒中患者の上肢麻痺回復過程における超適応機構の解明
研究代表者 出江 紳一 東北大学 医工学研究科 教授
A05-2 不安障害と回復期にみられる霊長類辺縁皮質-線条体の神経振動の同期現象
研究代表者 雨森 賢一 京都大学 白眉センター 特定准教授
A05-3 ヒト運動前野の超適応メカニズムの解明:皮質脳波からの電気的コネクトミクス研究
研究代表者 松本 理器 神戸大学 大学院医学研究科 教授
A05-4 パーキンソン病モデルにおける学習障害回復の基盤となる神経回路再編成メカニズム
研究代表者 小林 和人 福島県立医科大学 医学部 教授
A05-5 ヒト脳・脊髄 間接運動経路の活性化を最大化する脳刺激法の決定
研究代表者 阿部 十也 福島県立医科大学 医学部 講師
A05-6 脳内出血後のリハビリテーションによる運動回復に伴う運動調節系変化の解析
研究代表者 飛田 秀樹 名古屋市立大学 大学院医学研究科 教授
A05-7 恐怖記憶による不適応状態からの超適応を支える脳領域間ネットワーク変化の制御機構
研究代表者 宮脇 寛行 大阪市立大学 大学院医学研究科 助教
A05-8 主体感の精度向上による神経疾患・精神疾患における超適応の促通
研究代表者 前田 貴記 慶應義塾大学 医学部 講師
A05-9 抑制性ニューロンの観察・操作による巧緻性再獲得のメカニズム解明
研究代表者 近藤 崇弘 慶應義塾大学 医学部 助教
A05-10 超適応メカニズムを利用した運動野刺激の除痛効果
研究代表者 宮田 麻理子 東京女子医科大学 医学部 教授
A05-11 脳刺激やモチベーション操作による障害側身体空間を志向する神経回路の活性化
研究代表者 大須 理英子 早稲田大学 人間科学学術院 教授
A05-12 細胞外環境とシナプスコネクトによる超適応機能 -脊髄損傷後の超回復とAIトレース-
研究代表者 武内 恒成 愛知医科大学 医学部 教授
A05-13 加齢と疾患による大脳基底核神経路の変遷と再構成を検証する
研究代表者 藤山 文乃 北海道大学 大学院医学研究院 教授
A05-14 超適応によって脳機能を回復させるための先進的基盤技術開発
研究代表者 正水 芳人 理化学研究所 脳神経科学研究センター 副チームリーダー
A05-15 超適応を促進する脳深部刺激法の開発とその作動メカニズムの解明
研究代表者 西村 幸男 東京都医学総合研究所 脳機能再建プロジェクト プロジェクトリーダー
A05-16 脳損傷後に大脳両半球で生じる適応機構
研究代表者 肥後 範行 産業技術総合研究所 人間情報インタラクション研究部門 研究グループ長